男の性についての悩みとは

男の性に関する悩みの代表は性器の大きさ

男も思春期を過ぎてくると性の悩みをいろいろと抱えることになるでしょう。
思春期や青年期、中年になっても共通して男の心を悩ませるものの一つとして性器の大きさ関することがあります。
一般的には、他の人より自分のものが小さいという点で悩むことが多いかもしれません。
セックスをする場合にも、女の子の前で自分の局部をさらすことを恥ずかしいと感じることもあるでしょうし、コンドームのサイズが合わないほど小さければ切実な問題だと思う人もいるはずです。
そういった人にとっては、局部が大きい人はうらやましいと思うかもしれません。
しかし、男性器のサイズが大きければ大きいで悩みになることもあるようです。
あまり大きいとセックスをする場合に女の子に嫌がられることもありますし、場合によっては体の大切な部分を傷つけてしまう恐れもあります。
ですから、大きければ大きいで問題を抱えることになるのです。
日本人の成人の平均的な局部の長さは13センチ程度だと言われていますが、セックスが不能なレベルでなければ大きさはあまり気にする必要はないと割り切ることも必要かもしせません。
また、セックスに問題が生じるレベルであれば医療機関に相談に行くことも検討した方がいいでしょう。

【男の不妊症の悩み】不妊原因の48%は男性側にある!

不妊症の悩みを抱えている夫婦は少なくありません。
その中でも男性側の要因の割合はどのくらいあるのでしょうか。
WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査では、男性側の要因は48%、女性側の要因は65%となっています。
不妊が女性の問題というのは、大きな間違いなのです。
主な男性不妊の種類としては、造精機能障害(精子を作る機能に問題がある)、精路通過障害(精管など精子の通り道に問題がある)、逆行性射精(射精に問題がある)です。
割合としては、造精機能障害が大半を占めています。
治療は内服なども行いますが、得られる精子の数が少なければ人工授精や体外受精を行います。
現在では、精子が一つあれば理論上は顕微授精という方法で受精が可能であり、重度の造精機能障害においても妊娠の可能性があります。
その他、EDやセックスレスなども不妊の原因の一つと言えます。
しかし原因が分からないことも少なくありません。
不妊治療で大事なのは、不妊を女性の問題と考えるのではなく、夫婦両方の問題としてとらえ、治療にも夫婦で取り組むことです。
不妊にはストレスも大きく関わっています。
夫婦でよく話し合い、よい関係で不妊治療に取り組めるとよいですね。

Valuable information

医師 求人・医師 転職・医師 募集

医師 転職

LED照明やLED水銀灯、LED投光器の製品や特長などをご紹介

LED水銀灯

成田空港の駐車場はこちら

成田空港 駐車場

格安スマホを紹介

格安スマホ

売り上げを伸ばすPR会社

PR会社

奈良でのリフォーム・リノベーションはお任せください

奈良 リフォーム

どんなクセ毛でも自然で艶やかな縮毛矯正

縮毛矯正

ピアノ、防音室等の買取はご連絡ください

ピアノ 買取

最終更新日:2015/8/28